冷え性改善に2つのポイント!足指マッサージと生姜パワー

冷え性改善に2つのポイント!足指マッサージと生姜パワー

冷え性だと気が付いたのは、小学生の時でした。手足が冷たく、冬場には血の気がなくなったような痛みさえ覚えていました。けれど、学生の内は、若さもあったのか、冷えていても体に負担がかかるようなことはありませんでした。

大人になり、冷え性がつらいと思い出したのは、社会に出て働くようになってからです。会社のエアコンが毎日、つらいと思うようになりました。夏場でもひざ 掛けや厚手の靴下を履いていますが、それでも間に合いません。体はどんどん冷えてしまい、指や頭の感覚もおかしくなっていくようでした。

だんだん、オフィスワークも細切れで行うようになりました。席を立っては、ヒザの屈伸運動をして、体全体に血を通わせたり、温かいお茶を飲んだりして、な んとか仕事を続けていました。しかし、それだけで改善はできませんでした。「このままではダメだ」と思うようになり、それから、本格的に冷え性対策を講じ なければいけないと考えるようになりました。

私が実践しているのは、足のマッサージです。足には、さまざまな体のツボがあります。私は、冷え性で、お風呂に入った後でも、足が冷たくなり、眠れないこ とがよくありました。足と体がつながっているからか、足をマッサージしてよく温めると、全体がポカポカとしてぐっすりと眠ることができます。足裏を揉んだ り、ツボを押したり、指をつまんだりして、もみほぐしていました。特に、足指を広げてつまむようにマッサージすると、良いのです。

「もしかすると、指の間隔を広げることで、冷え性は改善するかもしれない」と考え、足指を広げるために、昼間に履いている厚手の靴下を5本指の靴下に変え てみました。すると、昼間も足先の冷えがグッと軽減されました。ウソのようですが、昼間も、冷え性からくる足の重だるさがなくなったのです。つらかった指 や頭の感覚も随分、改善されました。

また、体を温める効果のある生姜も積極的に食べるようにしました。炒めものや煮物に使用したり、普段飲むほうじ茶に入れたりしています。ほうじ茶は、お湯 を注ぐだけのティーバックですが、その時に生姜のスライスをヤカンに一緒に入れます。それだけですが、体が温まり、冷え性を改善できています。

コメントは受け付けていません。